疥癬と診断されたら、まずは体からヒゼンダニを取り除くことが先決です。入浴の際に、皮膚や髪の毛、頭皮などをしっかりと洗って清潔にしてください。その後、ヒゼンダニを殺虫できる外用薬(外用薬は飲み薬ではないので、口腔薬であっても飲んではいけません)を塗布します。この際は、痒い部分や症状が出ている周辺だけではなく、全身にくまなく塗る事が重要です。皮膚のどこにダニが潜んでいるかわかりませんので、痒くない部分にもしっかりと塗るようにしましょう。特に、手足や外陰部には念入りに塗りこむようにします。また、飲み薬が処方される場合もありますので、医師(名医と呼ねれる人からヤブと呼ねれる人まで、まさにピンキリといえるでしょう)の指示に従って服用します。絶対に勝手に薬をやめたりしてはいけません。また、かゆみ止めの薬を塗る場合もありますが、ステロイド外用薬は使用しないでください。効果がないばかりか、症状を悪化させてしまう事もあるらしいです。家族への感染や、再発を防ぐために、家の中の清掃にも気を配るようにしましょう。シーツや下着、洋服は毎日取り替えて、洗濯するときには、先に50℃のお湯に10分間つけます。これは、生息しているダニを殺すためです。洗濯後も熱風乾燥機に10分以上かけるようにして下さい。それから、部屋の掃除はダニを吸い込むために電気掃除機(水などの液体を吸引できるものもあります)で行います。剥がれ落ちた角質が残らないように、毎日丁寧にすみずみまで掃除機をかけます。疥癬の治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)は、とにかくすぐに皮膚科にかかることが大切です。内科では、正確な診断が出来ない場合があります。受診後は医師の指示に従って、治療(医学の発達と共に進化していくことが多いです)を続けるようにしましょうー